単子葉植物                                           ホーム
      <撮影した月日で月別に(原則、上・中・下旬に分けて)掲載                          

     1月  2月  3月 4月 5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月 12月

  1月


’06.1.15.
ヒガンバナ

同左


’06.1.21.
オモト

同左


’09.1.11.
コクラン


  2月


’10.2.27.
シュンラン

同左


  3月


’06.3.25.
ショウジョウバカマ

同左


’07.3.21.
ショウジョウバカマ

同左


同左


’07.3.21.
スゲの類

’07.3.21.
スゲの類

’07.3.23.
アマナ

’08.3.29.
アマナ

’09.3.15.
アマナ

’08.3.9.
ヨウラクラン

’08.3.8.
クモラン

’08.3.8.
クモラン
 

’14.3.23.
カンスゲ


  4月


’06.4.3.
セキショウ

’06.4.7.
アマナ

同左


’07.4.1.
アマナ


’04.4.17.
スルガテンナンショウ

’06.4.16.
ウラシマソウ


’06.4.16.
ムスカリ
園芸種が逸出か

’06.4.16.
スズメノヤリ


’06.4.16.
ハナニラ
園芸種が逸出か

’06.4.16.
シャガ

’06.4.16.
アオスゲ

’08.4.19.
サルトリイバラ(雄)

’08.4.12.
サルトリイバラ

’08.4.20.
ホウチャクソウ


’04.4.29.
シャガ

’06.4.25.
ウラシマソウ

’06.4.30.
ホウチャクソウ

’07.4.29.
ヒメカンアオイ

’07.4.30.
チゴユリ

’07.4.30.
モウソウチク


’07.4.30.
タチシオデ


’08.4.29.
ナベワリ


同左



’08.4.29.
スルガテンナンショウ

  5月  

’04.5.7.
ホウチャクソウ

’06.5.6.
ニワゼキショウ

’08.5.4.
カラスビシャク

’08.5.10.
ヒメコバンソウ
 

’12.5.5.
カヤラン



’04.5.15.
アマドコロ


’06.5.15.
ノビル


’06.5.15.
シュロ(雄花)


’07.5.20.
シロアヤメ
園芸種の逸出か

’07.5.20.
ヒメコバンソウ


’08.5.18.
ヒゴクサ

’08.5.18.
ヨウラクラン

’08.5.18.
ヨウラクラン

’08.5.19.
ヒメカンゾウ

’09.5.11.
コバンソウ



’07.5.21.
ゴウソ

’07.5.27.
ナルコユリ


  6月  


’04.6.8.
ササユリ


’06.6.5.
チガヤ
(葯が赤褐色)

’06.6.5.
チガヤ
(葯の落下後)

’06.6.5.
カモガヤ(オーチャドグラス)

’07.6.3.
シラスゲ


’07.6.3.
カモジグサ

同左


’07.6.3.
カニツリグサ

’07.6.9.
ササユリ

’09.6.6.
シュンラン

’08.6.15.
アオウキクサ
 

’12.6.15.
カヤラン




’05.6.27.
ササの類


’06.6.24.
モジズリ
(ネジバナ)

’06.6.25.
ジャノヒゲ


同左



’07.6.30.
ヒメガマ
休耕田に生育

’08.6.21.
ヨウラクラン(花後)



  7月  


’06.7.1.
テキリスゲ


’06.7.2.
ヤブカンゾウ


’06.7.8.
モジズリ
(ネジバナ)

’06.7.8.
シュロ(花後・雄花)

’06.7.2.
シオデ


’07.7.7.
ジャノヒゲ

’07.7.7.
ジャノヒゲ

’07.7.7.
マダケ

’08.7.6.
ヒメヤブラン

’09.7.6.
コクラン

’13.7.7.
コクラン



’06.7.16.
アキノエノコログサ

’06.7.16.
カヤツリグサ

’06.7.17.
コバギボウシ

同左


’07.7.16.
メダケ

’07.7.16.
ホテイチク


’08.7.13.
クモラン


同左



同左



’08.7.13.
ヨウラクラン
(花後)

’08.7.20.
ヤマユリ

同左



’05.7.25.
ヤマユリ



’05.7.25.
ヤブミョウガ



’06.7.22.
オオバギボウシ



同左




’06.7.28.
オニドコロ
雌雄異株、左は雌、右は雄

’06.7.28.
ウバユリ

同左


’06.7.29.
アキノエノコログサ

’07.7.29.
アギナシ

’07.7.29.
コバギボウシ

’08.7.21.
ヤマユリ

’08.7.21.
ヤブカンゾウ

’09.7.25.
ヤブラン


  8月  


’05.8.2.
チゴユリ

’06.8.5.
ヤブラン

同左



’05.8.12.
ミョウガ(花)

’06.8.12.
ヤブラン

同左


’06.8.12.
ハラン

’06.8.12.
ササクサ(斑入り)

’06.8.12.
リコリス
園芸種の逸出か

’06.8.13.
ツユクサ


’06.8.19.
ササクサ


’06.8.19.
ニラ


’06.8.19.
オニドコロ


’07.8.19.
ヒメヤブラン



’05.8.29.
コナギ

’05.8.28.
ヒエの類

’06.8.25.
ホトトギスの類

’07.8.25.
タカサゴユリ

’08.8.24.
ニラ

’11.8.21.
タサカゴユリ


  9月  


’05.9.9.
アキノエノコログサ

’06.9.2.
イヌホタルイ

’06.9.3.
ジュズダマ

’07.9.2.
タカサゴユリ



’05.9.11.
ススキ


’05.9.12.
コンニャク


’06.9.12.
ヒガンバナ


同左



’06.9.16.
スルガテンナンショウ

’06.9.16.
ツルボ

’06.9.16.
同左

’06.9.16.
ヤマジノホトトギス

’06.9.16.
同左

’06.9.16.
同左

’06.9.17.
タマガヤツリ

’06.9.17.
メリケンカルガヤ

同左


’09.9.13..
タチシオデ



’02.9.23.
ヒガンバナ


’06.9.23.
ミョウガ


’06.9.23.
コバギボウシ


’07.9.30.
ナキリスゲ


’07.9.30.
ヒガンバナ
突然変異か

’08.9.28.
イボクサ
 

’12.9.22.
ヒガンバナ



同左
狭い同じ場所での花色の変化

同左
トランスポゾンが関係しているか?

同左



同上

同左

同左


  10月  


’06.10.2.
ホトトギス

同左


’07.10.7.
ジュズダマ

’07.10.7.
ススキ

’07.10.7.
イボクサ

’07.10.7.
アギナシ


同左



同左
株もとに小塊茎
(球芽)あり
 

’10.10.3.
ヒガンバナ




’05.10.15.
ヤマノイモ


’06.10.13.
スルガテンナンショウ

’07.10.14.
ハラン


’07.10.14.
オモト

 

’12.10.13.
コンニャクイモ




’07.10.29.
シオデ

’05.10.30.
チカラシバ

’06.10.22.
ヤブミョウガ

’06.10.29.
チヂミザサ

’06.10.30.
ヤマラッキョウ


 11月  

’06.11.4.
オギ

’08.11.9.
サルトリイバラ

’08.11.9.
ヤマユリ

’08.11.2.
ヒメクグ



’05.11.20.
クマササ

’06.11.12.
ヤブラン

’09.11.15.
シオデ



’08.11.23.
ヤマユリ

’08.11.24.
クモラン
 

’09.11.24.
ナガバジャノヒゲ


 12月  


’05.12.17.
オモト

’06.12.11.
シュロ

’06.12.11.
シュロ(雌株)

’06.12.11.
ススキ

’07.12.16.
ナガバジャノヒゲ

’09.12.12.
シュンランの刮ハ
 

’11.12.10.
サルトリイバラ


’11.12.23.
ヒメヤブラン


ホーム